FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUISIN EVENT IN KORIN

SUISIN EVENT IN KORIN

10月19日から25日まで NY-KORINさんで行われるSUISINイベントに伺います。

https://www.korin.com/
https://www.korin.com/suisin-event-2018

今回は、強力なサポーター

私の包丁使い師範、上田光則氏
Mitsunori_Ueda.jpg

本霞プラス砥ぎを行う、山口修二氏
Shuji_Yamaguchi.jpg

そして私 青木達哉
Tatsuya_Aoki.jpg

両名と共に、3名で伺い、砥ぎ実演や捌き実演を行います。

現地から、詳細を更新出来ればと思います。

スポンサーサイト

白一鋼水本焼

今日は、白一鋼水本焼 池田作を仕上げました。

低温火造りされた白一鋼ゆえに、良い粘りと鋭さを兼ねそろえた逸品です。

2018101802.jpg

超仕上砥石で砥ぎ進めると、鏡面風に!
いつもより、ハマグリ刃を刃元に残し、切っ先は砥ぎ抜きました。

2018101801.jpg

お客様のご要望により、裏鏡面仕上げです。

鏡面にすると、水分や汚れが拭き取り易いので、サビにくくなります。


先日、池田さんの工場で本焼の火造りを見ましたが、ゆっくりじっくり
同じペースで淡々と、作られていたのを思い出しました。

2018101803.jpg

本焼=焼入れ!! ですが、 この火造りがあっての焼き入れです。
基が綿密に鍛えられていないと!ですね。

初期ロット疾風


土井敬次郎氏と始めた疾風シリーズの初期ロットが修理で戻ってきました。
2002年に製作された物で16年間現場で使われてきた1丁です。

2018-9-12-1.jpg

270mm柳刃でしたが、寸法は240mmにまで短くなって、切っ先形状が変わっていました。
持ち主の方が、丁寧に砥がれていて錆びなども無く、良好な状態です。
鶴首にならず、切っ先を上げる方向で使われています。

研ぎとは、別のメンテナンスでしたが、砥ぎたくなってお客様に確認後リフレッシュさせて頂きました。

2018-9-12-2.jpg

切っ先は良く効くように、峰から研ぎ下ろして調整。
それに伴って、切っ先の切刃が狭くなるので、シノギを上げました。
もっと上げたかったのですが、無理に減らす事もしたく無かったのと、お客様の今後の研ぎを
想定して、必要最低限で抑えました。

パンっと張った、良い包丁ですが砥石乗りが良く、研ぎ易い包丁です。
土井敬次郎氏が打った包丁の特徴が、ハッキリと解る1丁でした。

敬次郎さんが、言っていた「こんな包丁が作りたい!」その物です。

2018-9-12-3.jpg

流石に、裏刃は広がっていました。
これを修正するには、裏の比を取り直す必要があります。

包丁の形として完全に修正するならば、この部分も調整が必要ですが、
裏の刻印も消えるし、鋼も少なからず減るので、このまま使う方がBSETだと!

長く切れる包丁は、研ぐ回数が減ります。
完全に切れ止む前に、仕上げ砥石を当てれば鋭さは戻ります。
切れ止んでから研ぐと、サイクルが変わるだけで本当の良さは得られません。

それなりの金額はしますが、それ以上の価値はあるのではないでしょうか?

名古屋イベント!


7月29日30日に開催しました、三浦刃物店さんでのイベントに来店頂いた方々
台風迫る、でも通り過ぎて暑くなった最中、お越し頂きありがとうございました。

若い調理師さんや、包丁マニアの方々とお話し出来て良かったです。

超掘り出し物として持ち込んだ210mm牛刀 SUISIN SP-INOXを三浦刃物店に
残して来ました!その他の掘り出し物も御座いますので、当日来店出来なかった
方も、是非足を運んで頂ければと思います!

次回は9月30日-10月1日の開催予定です。

よろしくお願い致します。

鬼手仏心オーダーメイド


北海道大学の学生さんより、オーダーメイドでご注文をお受けしました。

既に、いくつか包丁をお持ちのようですが、本物を求めての製作です。
富樫憲治氏と山口修二氏によって作られた逸品です。

2018-7-21-2.jpg

刃持ちが良く、欠け難い富樫氏鍛錬の白二鋼。
砥ぎやすいガイドライン構造が刃身に組み込まれている山口氏の本霞プラス。

黒檀両輪白色水牛は、お客様のコダワリです!

2018-7-21-1.jpg

手研ぎ本刃付けは、私が砥がせて頂きました。
出刃なのに、しっかり砥ぎ抜きをしました。
富樫氏の包丁だから!出来る本刃付けです。

快適にお使い頂けると想像しております!

今回は、学生さんのご注文と言う事もありまして、「学割」適用になっております。
ご自身の学生証などの提示を頂ければ、対象となります。(中高生不可デス)

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。