FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初期ロット疾風


土井敬次郎氏と始めた疾風シリーズの初期ロットが修理で戻ってきました。
2002年に製作された物で16年間現場で使われてきた1丁です。

2018-9-12-1.jpg

270mm柳刃でしたが、寸法は240mmにまで短くなって、切っ先形状が変わっていました。
持ち主の方が、丁寧に砥がれていて錆びなども無く、良好な状態です。
鶴首にならず、切っ先を上げる方向で使われています。

研ぎとは、別のメンテナンスでしたが、砥ぎたくなってお客様に確認後リフレッシュさせて頂きました。

2018-9-12-2.jpg

切っ先は良く効くように、峰から研ぎ下ろして調整。
それに伴って、切っ先の切刃が狭くなるので、シノギを上げました。
もっと上げたかったのですが、無理に減らす事もしたく無かったのと、お客様の今後の研ぎを
想定して、必要最低限で抑えました。

パンっと張った、良い包丁ですが砥石乗りが良く、研ぎ易い包丁です。
土井敬次郎氏が打った包丁の特徴が、ハッキリと解る1丁でした。

敬次郎さんが、言っていた「こんな包丁が作りたい!」その物です。

2018-9-12-3.jpg

流石に、裏刃は広がっていました。
これを修正するには、裏の比を取り直す必要があります。

包丁の形として完全に修正するならば、この部分も調整が必要ですが、
裏の刻印も消えるし、鋼も少なからず減るので、このまま使う方がBSETだと!

長く切れる包丁は、研ぐ回数が減ります。
完全に切れ止む前に、仕上げ砥石を当てれば鋭さは戻ります。
切れ止んでから研ぐと、サイクルが変わるだけで本当の良さは得られません。

それなりの金額はしますが、それ以上の価値はあるのではないでしょうか?

スポンサーサイト

白一鋼水本焼修理


今日は、長期間お預かりになっていました白一鋼水焼の研ぎ抜き
(糸引刃除去)の修理を行いました。

2018-7-17-1.jpg

砥いでたら光ってきたので、波紋を出すべく天然砥石を導入!

2018-7-17-2.jpg

波紋を出す為だけの天然砥石利用です。。 これが良く無かった・・・。

2018-7-17-3.jpg

波紋は浮いてきたけど、、得体の知れないキズが増えた。。

こんな事なら、そのまま光らせる方向で繋いで行けば良かったかと・・・。

2018-7-17-4.jpg

ゆっくり、砥ぎ戻しを行い、今日はここまで!!




■お知らせ■

7月29日、30日 名古屋大須「三浦刃物店」様にてイベント開催致します。

自分に合った包丁選び、説明を受けて包丁を購入されたい方。
包丁の事で疑問をお持ちの方。 掘り出し物をお探しの方。
効率的な研ぎ方を知りたい方。 是非、ご来店下さいませ。

研ぎ屋「助八」の研ぎ講習会も行ております(要予約)
詳しくは、三浦刃物店様へお問い合わせ下さい。

https://miuraknives.jp/



白一鋼本霞+


先日に引き続き、白一鋼本霞+のご注文を頂きました。

土井敬次郎氏の包丁をお探しだったのですが、在庫も完売した為、
良く似た印象を受けた、池田美和氏の白一鋼をお薦めさせて頂きました。

メールで細かく打ち合わせを行いまして、少しカスタムした1本に仕上がりました。

2018-6-19-3.jpg

本刃付けのご依頼も受けましたので、砥がせて頂きました。
業務用を意識した、刃に仕上げてみました。
刃先は薄く糸引きを入れ、切刃の中は抜いて、今後のメンテナンスを考慮しております。
少し強い包丁使いをされても、大丈夫な仕様です!

2018-6-19-1.jpg

表の刃付けは、切れ込み&切れ抜けを意識!
裏押しは、刃の掛かりを意識!

包丁研ぎには、色々な理論?があると思いますが、現在の僕はこのイメージで砥ぎをしています。
要するに!切れたらエエんですけど、何となく刃が付くよりは、自分で刃を付けに行く方が明確で
試行錯誤がし易いです。

島根からのお客様


包丁ご購入のご相談と、ご自身の研ぎについての確認の為、島根県出雲よりお客様が来られました。

あれやこれやと、沢山の包丁をお出しして、ビビっと来る1本と出会って頂きました!
270mm柳刃白一鋼本霞プラス池田美和作です。

ちょっとアイケぽいのがあったので、消えるか研いでみよう!
っと言う事で、一緒にダイア砥石で荒く研ぎを入れて、消えそうな気配でしたので、
その1本をお買い上げ頂きました。

途中まで荒砥石でガシガシやったので、そのままセミ本刃付を行い、後日送付となりました。

後から、ひっそり研いでいて思ったのですが、土井敬次郎氏の作った包丁に似た刃当たりがして、
硬い白一鋼にして、まったり砥石に当たる感じが印象的でした。
長く切れ続く気配ムンムンで、砥石も選ばない包丁でした。最新の砥石を使うよりも、
キングのG-1やS-1でパリっと刃が出るので、どの砥石と合わせても適合しそうです!

当日、お持ちになられた包丁は、綺麗に研がれていて何の問題も無く、糸引きも入っていました。
他に持ち込まれた包丁は、包丁自体の癖もあり、中々難しい状況でしたが、
修正方法を少しお話ししてプチ講習も行いました。

2018-6-9-1.jpg

リアル糸引刃付けを見て頂いたり、仕上げ砥石面の管理などをお伝え致しました。


後日、お納めした包丁使用感と共に、写真も頂きました!

2018-6-9-2.jpg

肝心の包丁写真は無いんかよ!!
っと言われそうですが。。。今回、撮り損じました。。。

お住まいの地域では、良い魚が沢山入手出来るようです!
カッチリした包丁ですので、末永くお使い頂けると思います。

遠方よりのご来店、ありがとうございました!

GW研ぎ講習


GWの帰省で名古屋から大阪に来られた敬里さんと、少しだけ研ぎ講習をしました。

先日の三浦刃物店主催「助八研ぎ講習」を受けられて、基本の研ぎをマスター
するまで天然砥石を封印された(助八さんに封印を命ぜられたw)調理師さんです。

新しい包丁を購入するにあたり、包丁を見たい!との事でしたが、自身の包丁で、
気になる所がある。。。っという所からの研ぎ講習となりました。

当日、風のように助八さんも現れた事もあり、二人で「あ~だ!こ~だ!」と言いながら
包丁のガイドライン作りを行い、途中まで研ぎ上げる事をしました。

2018-5-3-.jpg
背後から、あ~だ!こ~だ!と指示が飛んでいる状況です!

砥上がりの最終系は、同じ所に向かっていくのですが、砥ぎ屋の進め方と
包丁屋の進め方が違って、僕的にも楽しい時間でした!

2018-5-3-3.jpg

そんなこんなをしている間に、助八さんは風のように帰られて、嵐の後ような静けさにww

2018-5-3-2.jpg

その後は、新しい包丁の話(柄とか鞘とか本刃付けとか)をして終了しました。

砥いでいる最中から気になっていたのですが、力強く砥がれていました。
頻繁に面直しされていたので、さほど気にしていませんでしたが、帰られてから
面直しをしたら、砥石は結構な反り具合でした。

同じような頻度で面直しをしても、平面~やや反り~平面~やや反りの繰り返しに
なるので、研ぎ終わりの頃合いが決め辛くなるのかな?っと思いました。

砥石で包丁を研磨すれば、絶対に反ってきます。
反った砥石面は、包丁にコピーされるので、一回の面直しから、出来るだけ反りが
出ないように、効率良く研ぐ事で、早く綺麗に仕上がると思います。
もしくは、5往復したら面直しするとか!←絶対メンドクサイ!!

中砥石で綺麗に研げているのに、面直した仕上げ砥石に移ると、綺麗に当たらない
っという経験はありませんか?

ちょっと大げさに書いてますが、そんな事を感じた今回の研ぎ講習でした!


敬里さん、酔心への来社ありがとうございました。
砥ぐ時は、ラブミーテンダーで、攻めて下さい!きっと早く綺麗に仕上がります。
天然砥石解禁の日も近くなります(^^)
鎌形薄刃庖丁、キッチリ本刃付けして名古屋へお持ちします!

助八さん、助っ人講習ありがとうございました!!!

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。