掘り出し物更新しました。


今日は、午後から少しだけ時間が出来たので掘り出し物をWebShopにアップしました。

2017-10-3-1.jpg

本気で作った皮剥き包丁や

2017-10-3-2.jpg

本刃付済み(砥石との相性確認で加工)

2017-10-3-3.jpg

アイケを研ぎ取ってみようと本刃付けした物

2017-10-3-4.jpg

普通に本刃付けした物

2017-10-3-5.jpg

数ある包丁でも、キワモノ(薄い柳刃)を特別仕様にしてみたりしました。

どれも、お薦めの包丁です。 気に入った逸品があれば幸いです。

300mm柳刃酔心鍛流アウトレット


池田美和作 青二鋼多層鋼 300mm柳刃酔心鍛流アウトレット
一位八角柄 朴鞘ピン付 紙箱 手研本刃付済み

多層鋼の化粧研ぎ実験の為に本刃付けしてみました。
鍛冶屋さんによって、軟鉄と鋼の反応が違うので、砥石の組み合わせ、
天然砥石や人造砥石との反応を確認しました。

2017-8-21-1.jpg

今回のアウトレット理由は、少し大きなアイケです。
下記写真に、アイケが写っていますが、、見えますか?

2017-8-21-2.jpg

刃を付ける為の研ぎと、模様を浮かせる為の研ぎは別に考えています。

2017-8-21-3.jpg

切っ先は、いつも通り切れ抜け抜群です! 僕は、ここを研ぐのが好きです。

2017-8-21-4.jpg

池田氏の刻印入りで、裏刃も綺麗に当たっています。

研ぎ行程
ダイア#500
中仕上砥石#4000
超仕上砥石#10000
日照山巣板(泥研ぎとして利用)

切刃は上記の順番で研いでいます。

300mm柳刃酔心伝承アウトレット


先日から時間を見つけてはコツコツ研いでいた伝承の包丁。。

良い感じに研ぎ上がったのですが、写真では解らないアイケがありまして。。
泣く泣くアウトレット行きとなりました。。

そんな最中、東京合羽橋の三起堂と電話する機会がありまして、
ブログを見られた方が多く来店頂いていると聞き、無理を言って
陳列ケースの1本分、日々修行枠で置かせて頂く事になりました!!

ブログをご覧頂いている皆様のお蔭です!!ありがとうございます。

その第一弾として「300mm柳刃酔心伝承アウトレット」1丁を送りました。
標準仕様とは異なり、朴八角柄 並鞘仕様 本刃付け済 っとなります。

2017-7-26-0.jpg

2017-7-26-1.jpg

2017-7-26-2.jpg

店頭販売価格は33,000円(税別)です。 通常価格は61,000円(税別)です。
包丁は、明日の午前中到着予定。 昼過ぎには、並べて頂けるかと!!

研ぎ行程
表:ダイア#500 中仕上#4000 超仕上#10000
裏:ダイア#500(調整) 北山#8000
糸引刃入りです。

詳しくは現物を見て頂ければ嬉しいです。

猛暑で暑いですが、足を運んで頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

sankido2017-7-27.jpg

現在、店頭に並んでいます!!
お店の方からは、アイケの場所は解らなかったとの連絡がありました。

ちょっと検品がシビアだったかも。。

御礼
2017年8月5日に売れました!
お買い上げ誠にありがとうございました。 次回にご期待下さい。


販売代理店情報
合羽橋 三起堂
営業時間 : 月曜~土曜 9:00~18:00
定休日 : 日曜日


名古屋 大須



昨日は、納品を兼ねて名古屋の大須へ行きました。

大須には河合刃物研ぎ店さんと、新しくお取引を始めた三浦刃物さんがあります。

三浦刃物
〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須3-39-36 大須外科ビル3階2号
2017-5-12-1.jpg 2017-5-12-2.jpg
酔心製品(主に和包丁)を取り扱って頂いております。

車で行きましたが意外と近く、酔心包丁内覧会、研ぎ講習会、展示即売会なども開催出来ればと!
掘り出し物など持ち込んでワイワイ楽しく開催したいデス。 今年の7月頃かな?



名古屋地域の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

メルボルンにて!


今回は現地に3ヶ月滞在された助八様と共にメルボルンへ行ってきました。

道中庖丁談義に花を咲かせ、飛行機は落ちると豪語する助八様をなだめての渡航ですw

2017-4-10-1.jpg

以前行った時には完成していなかったお店も完成しており、素敵なショールームになっていました。

2017-4-10-4.jpg

初日は、TANTOのマネージャー新海さんと、商品構成などの打ち合わせ!

2017-4-10-9.jpg

助八さんの後を引き継ぐ小嶋さんと、研ぎについてのお話

2017-4-10-2.jpg

この時に、前から思考錯誤していた、糸引刃が出来る人、出来ない人のテストを実施しました。

青木、助八さん、新海さんの3名は研ぎについて同じ方向性。
小嶋さんは、少し違った方向性だと判断したので、小嶋さんオリジナルな研ぎの方法を伝えました。
これは半信半疑だったのですが、結果が見えたので良かったww
遠目に、助八さんが聞き耳を立ててました。。。色々バレたかな(笑)


2017-4-10-20.jpg

以前堺で、庖丁を取材されたジャーナリストの方にもメルボルンで再会!
おい、、世界、、、狭くないか?


今回は、主に営業とサポートに行ったので、研ぎ関係の質問や実演は、全て助八様に丸投げ!

2017-4-10-15.jpg

2017-4-10-19.jpg

2017-4-10-16.jpg

2017-4-10-14.jpg



僕は、庖丁を見に来たお客さんへの対応と、質問攻めにあっておりまして。。。

2017-4-10-11.jpg

グルメ雑誌の編集者さんに取材も受けましたが、庖丁に対して興味が無い人の質問とは
難しいもので、、、こちらが想像もしていない質問を投げてきます。

2017-4-10-21.jpg

こちらも負けじと、想像も出来ない返答をしてみましたww

2017-4-10-7.jpg

疾風などが、どんどん売れてしまい。。。

2017-4-10-6.jpg

非買品という事で、本焼きも並べてみました。
売り物として置いていれば、2~3本は売れたかも!!

そんな事をしていると、どこからか現れたメディア関係の人が助八様を取り囲み

2017-4-10-18.jpg

2017-4-10-17.jpg

がっつり撮影されていましたww ←研ぎにくいやろうなぁ~ww
僕は、遠目にニヤニヤ見て楽しんでました!


本来の目的は、http://www.theworlds50best.com/の会場に行く事と庖丁を贈呈する事

表彰式前に、あらゆる方面の食に関する有力な方々にお会いする事が出来ました。
規模の大きさを改めて実感。。

2017-4-10-23.jpg

世界ベスト-レストラン-が、50位から順番に表彰されていきます。
日本のレストランも2件、ノミネートされていました。

2017-4-10-24.jpg

トップはEleven Madison Parkと言うNYのレストランでした!

公式WebSite http://www.elevenmadisonpark.com/

2017-4-10-25.jpg

当日の会場では、各国メディアの人がシェフ達を取材し、堺から来た庖丁屋の
入る隙も無かったので、翌日の昼間に!!

2017-4-10-26.jpg

トップレストランのシェフ二人に引き合わせてもらって!

2017-4-10-27.jpg

非売品の本焼き庖丁を贈呈!!
レストランに飾るとの事、、、使ってよww

2017-4-10-8.jpg
約50名のシェフにプレゼントした庖丁デス。
現物は、レストランとシェフの名前がマーキングされてます!


これにて、今回の出張で80%の任務完了!!!


その後は、TANTO店舗に戻り、助八様の研ぎ講習会の様子を見てたり、その風景を
撮影したり、庖丁販売を手伝いしたり、ちょっと発砲スチロールの庖丁で遊んでみたり。


助八様には悪いのですが、QTホテルの入り口で可愛い娘と写真を撮ったりww
2017-4-10-22.jpg


今回のイベントでお世話になった
PR担当:スティーブン氏とQT広報:ジェシカさんと記念撮影したりww
2017-4-10-13.jpg
少しの時間だけ、ゆっくり過ごしました。

約1週間ほど滞在しましたが、3ヶ月過ごされた助八さんの導きで、色々なレストランに連れて行って
もらったり、道案内もして頂きました。

毎晩夕食後には 助八様 新海様 青木の三名でコーヒーを飲みながら爆笑トークしてました。

2017-4-10-28.jpg

2017-4-10-29.jpg

2017-4-10-30.jpg

とにもかくにも、色々な方に助けられたメルボルン渡航でした。


殆どの時間、助八さんと一緒に居て深く話しましたが、あの3ヶ月を彼にお願いして
本当に良かったと確信しました。 ありがとうございます。 感謝デス(^^)


プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
tatsumo_wattsをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR