FC2ブログ

本出刃

最近は出刃=相出刃になって、本出刃を全く見なくなりました。

ちゃんとした本出刃が欲しい!!とのお客様からオーダーメイドにて
ご注文を頂きました。

2018121104.jpg

刃研ぎ前の本出刃達です。
もちろん、作者は出刃の名手「富樫憲治氏」によって鍛えられた物です。

2018121102.jpg

本出刃製作について、確認した事もあったので、富樫氏の工場へ行って出刃トーク!

2018121105.jpg
写真は8寸(240mm)本出刃の型です。
この方より一回り大きくなります。

最近は本出刃の注文ってありますか?と伺ったところ、年に10本あるか無いか・・・。だそうです。
相出刃が標準になってしまいましたね。

2018121101.jpg

峰も厚く、武骨な感じが手造りの良さを伺わせます。

2018121103.jpg

砥ぐ前の刃先はこんな感じです。 ここから歪を取りながら丁寧に薄くする事で、
鋭い切れ味が生まれます。 こちら本霞プラス研ぎを行います。

鋭く欠けにくい富樫氏の熱処理と、砥ぎ易さ抜群の山口氏による本霞プラス。
本刃付けも受けていますので、楽しみです!

この庖丁だと、10年以上使える逸品になりそうです。

195mm 本出刃 鬼手仏心 1月末以降の完成予定です。
価格はお問い合わせ下さいませ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前メールでご連絡しましたが、来年5月にお店の方に行く予定です。
その時に6寸5分か7寸ぐらいの出刃を買おうと思ってました。

>195mm 本出刃 鬼手仏心 1月末以降の完成予定です。

う~む、サイズぴたりじゃないですか。でも出刃は持ってみないとなぁ、、、

Re: No title

rosso さん
コメントありがとうございます。
本出刃、全て売約ではありませんので、来店時に手に持ってみて下さい!
来店の日にちが決まったら教えてください!
プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR