FC2ブログ

京都祇園へ


何度もお店に足を運んで頂きましたお客様の包丁が完成しました!

2019040401.jpg

240mm 鎌形薄刃 白一鋼本霞+ 池田美和作

2019040402.jpg

本刃付しやすい、本霞プラス仕上げらしく新品の状態でペタ~っと砥石に当たりそうです。
透かして見れば、僅かな凹凸はありますが、均一に砥石に当たると思われます!

平も綺麗に仕上がっているのでシノギ筋がパリっと立つように想像します。

2019040403.jpg

裏の比も綺麗に出ていますので、砥石の平面を保てれば、刃線が狂う事は無いです。
薄刃庖丁のキモは、裏にあります!

素晴らしい出来の鎌形薄刃です(^^)b


この包丁に加えて追加で、出刃包丁もご注文頂きました!
25年前の若き富樫憲治氏と堺刃付の重鎮、小田幸徳氏が作り上げた逸品。

2019040404.jpg

180mm 出刃 白二鋼本霞

先日、同じ包丁を本刃付けしましたが、小田さんなりの包丁理論が研ぎ構造に組み込まれていて
必然的に、そのような研ぎが行えるようになっていました。
現行の本霞プラスと同じように、研ぎ師の思いや願いが入った包丁です。

2019040405.jpg

写真から構造を知るのは難しいですが、解る人には解るかも知れません!

2019040406.jpg

当たり前ですが、裏も綺麗に砥石に当たります。
今の包丁よりも、裏の比が浅いのも特徴です!←ちゃんと理由があります。

2019040407.jpg

マチ磨きなどは、施されていませんが快適に使用出来るように、峰も加工されています。
今見ると、普通~なんですけど、、25年前の包丁を考えると!!手間が掛かってます。

こちらの出刃包丁は、まだ少し在庫があります。
よ~く締まった、欠けにくい出刃包丁をお探しの方は、お問い合わせ下さい。
見た目、、古めかしいですが内容は抜群です!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR