FC2ブログ

敬次郎 骨切


年始からのバタバタを乗り越えました。。

今日は、9寸骨切白二鋼 敬次郎作の骨切を修理しました。
今回は、本刃付けではなく、修理の範囲です!

2020-2-10-1.jpg

久しぶりにダイア砥石を使わず、#400番荒砥石~#1000中砥石~INOX仕上砥石の順番です。
切刃の軟鉄部分は、霞ませる粉を使って化粧磨きをしています。

刃先は、INOX仕上砥石#6000で艶出しをしました。

敬次郎作の包丁は独特の研ぎ味で、砥石乗りがとても良い。
白二鋼ならではのカリカリした鋭さが出るのに、粘りがあります。

カリカリしてると欠け易い刃になるのですが、そんな気配は無く。。
年代物で締まっている事も関係しますが、低温で鍛造した影響が今も残っている印象デス。

2020-2-10-2.jpg

土井さんマークが見えませんが、中子にちゃんと入ってます。
疾風シリーズを作る前の包丁ですね!!

大切にお使い頂いているので、裏刃の状態も良好です。

コメントの投稿

非公開コメント

霞ませる粉って、悩ましげな言い回しですね🧐
なんて言う天然砥石をすり潰したんですか⁉️
それとも、酔心さんに行けば売ってるとか😁

化粧粉

Outbackさん
コメントありがとうございます。

悩ましい言い回しですね^^
職人さんから分けてもらった物なので詳しい配合は解りません。
オリジナル配合みたいです。
鍛冶屋さんによって、霞具合が違うので相性もあるようです。
酔心では販売していません^^
プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR