fc2ブログ

ミラクルエッジ


いつもオーダーメイドでご注文頂くお客様より、お電話を頂きました。

話は、昨年お買い上げ頂いた柳刃白一鋼柳刃白一鋼に、僕が施した本刃付けを、
お持ちの銀三鋼本焼片刃和牛刀も同じように研いでみた感想と、最近捌いた
魚の事、そしてミラクルエッジの事に至りました。


僕が施した本刃付けは、師範の庖丁に付いている実践本刃付けを真似た物で、
見ようによっては刃が丸い感じであります。。
この刃を銀三鋼本焼の片刃和牛刀に付けて、皮ムキした所、良い感じになったと!
良い意味で切れ過ぎない感じで、使い易くなったとご感想を頂きました。


現在、直刃のドアを叩いている感じですが、実践本刃付としてあの感じが良いと
言う事は大変嬉しい事です。 実践とは如何に仕事を快適に効率良く出来るか!
これに尽きるような気が・・・  


で、ミラクルエッジの話ですが、電話越しに、「あのカエリをカエリとしないで保ちます。。」
的な意味不明で抽象的な説明でしたが、「そうゆう事でしたか~~」っとご理解頂きました。


これを文章にして皆が解るように説明するには、大変難しい事ですが・・・。
いつか形にしてみようと思います。 出来る包丁は限られますが、中砥石君さようなら~
に近い状態になるかも知れません!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR