fc2ブログ

洋庖丁の研ぎ



久しぶりの更新です。。。

GW、皆さんはドコかへ行きましたか???

僕は後半の休みは、発熱で寝込んでました^^;
団長からは、「日頃の行いが悪いんじゃ!!」っと笑われてみたり・・。

おかげさまで、今日から普段通りの元気な状態に戻っています。
久しぶりに熱が出ると、復活に時間が掛かるよ〜な。。


で、、 タイトルの「洋庖丁の研ぎ」ですが、特殊な洋出刃やサバキは
別として、牛刀、ペテ、筋引の研ぎを幾つか考えています。

薄く研ぎ上げれば、スカっと抵抗無く切れ込むが、切れ込んだ後の張り付き
食材との密着による抜けの悪さで、切れ味が悪く感じる事があります。

薄く研ぎ込む時に、荒砥石でブレードを荒らしておけば多少の隙間が出来て
抜けるようになるかも知れませんが・・・。


それはさて置き、薄く研ぎ込む以外に抜けを良くする方法を模索しています。
しかも!普通の角砥石で、作り出す方法です。
まだ、机上の理論で実践していないので、なんとも言えませんが、ちょっとした
工夫で、必死にグシグシ刃を薄くする作業を軽減出来るかも知れません。。

手っ取り早いのは、穴空き庖丁やディンプルの庖丁を選べば解消出来る話なんですが。。。

洋包丁は、研ぎにしても、使うにしても、自分で角度決めなければならないので、
万能に研ぎ、使う事が出来ても、ある一点を狙うのは和庖丁に敵いませんね。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR