fc2ブログ

洋包丁のカエリ取り

両刃洋包丁のカエリ取りには、皆さん苦労されていると思います。

もちろん!僕も、確実にカエリを取り切る為に、砥石を変えたり、
研ぎ角度を変えたりしてきました。。 硬くて粘りある庖丁、
いわゆる、長く切れる包丁ほど、カエリが取れにくい傾向にあります。

鋼材によって絶対角?みたいなのがあって、その角度で刃先を研ぐと
だいたい、カエリは取れてくれますが、この角度は、結構鈍角です。。

*新しい研ぎ込んで、刃が合って来たりするのですが、これは刃部分に
厚みが出てきて折り合いが付いているのかと想像してます。

ただ、こうなると抜け。。。っと言うか食材への刃の入りが悪くなる。
クザビを打つように切りに行くので、刃が付いているけど、根菜は
切れないような錯覚に陥ってしまいます。

まあ、そんなブレード構造的な事は置いといて。。。

絶対角で研ぐ事でカエリが取れるとなれば、その包丁のポテンシャルの
限界が見えたりします。 この限界を超える為に、砥石を変えたり、
研ぎ方を変えたり、 新聞紙にこすり付けたり、皮砥を使ったり・・・。
している訳ですが。。。 


もっと簡単に、このカエリを除去する方法を見つけてしまったかもデス。


しかし、
V金10号、10A で試しただけなので、まだまだ調べる必要がありそうです。


現状では、パンパンのバシバシに刃が立ってくれています。
洋包丁に、これは必要ないかも。。。っと思いますが・・・。


後は、この刃を実践投入してどうなるか!を見る必要がありそうです。


なので、ここまで書いて、その方法は秘密ですw


ただ、久しぶりに感動する発見だったので、書きたくて書いてしまった。。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ、とても知りたい方法ですが、裏からも糸引き入れるとかでしょうか?

Re: No title

太公望 さん

コメントありがとうございます。

そうですね、洋包丁は裏側からも研がないとデス。。
チリチリ付いたカエリを取る方法ですが、良いのか悪いのかを吟味中です。

目視では、かなりいい感じなんですが・・・。

しかし、賛否両論ありそうです。
プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR