fc2ブログ

天然と人造


数日前に、白二鋼柳刃を研ぎました。


この所、安定感のある人造を利用する事が多く、天然砥石から離れていましたが!


今回の白二鋼はやけに刃当たりが良くて、天然で研ぎたくなってしまいました。。


10本近く研ぎましたが、最後の1丁だけ 中山合砥を久しぶりに出動!


懐かしい泥の香りに癒されつつ当然のように鋭い刃が立ちました。


人造でも中山合砥でも同じような感じに仕上がったのですが、

その後、庖丁保護の為に錆止め油を塗るんですが、塗った後の掛かりに違いが出ました。


中山で研いだ方が、掛かりがしっかり残っている感じです。


柳刃なので、脂っぽい魚を引く事と重ねてみれば、中山の方が刃持ち(掛かり)は

維持できるのでは?? っと思いを巡らせてしまいました。


砥粒が一定な人造より、砥粒がバラバラの天然の方が掛かりが出やすいか?


出荷前、糸引でのチェックなので、天然砥石でドロドロ研いだら違うかもですが、、

モロに刃先へ砥石の粒度を当てているので、普通の研ぎと比べたら相違があるかもですね。



◆営業◆
180mmSANTOKU-sp-INOX-s_20131017174617044.jpg
SUISIN SP-INOX 180mm 三徳 本日入荷しました!
ご家庭用にお薦めです^^ ブッチギリに刃を合わせてお送ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR