fc2ブログ

白三鋼と天然砥石


今日は、270mm 柳刃 白三鋼 土井作 を本刃付けしました。

ずっと、置きっぱなしの合砥石「八鹿山」があったので、これを使いました。
柔らかめの砥石で、軟い青砥みたいな感じで泥が出ます。

2015-7-8-001.jpg

なので、青砥のような研ぎ目が包丁に出ました。
でも、粒度は細かいようで、超滑らかな刃が付いてマス。

故意に糸引きを入れず、そのまま突っ込んで研いだので土井さんの白三鋼と
八鹿山の相性で、この切れが出ているように感じます。
実際に使う為には糸引入れた方が、良さそうな気がします。


ベタで狙いに行くと、必ず切っ先アール付近に研ぎ段が出来ます。
この段を無くそうと思うと、アールが無くなります。
アールの残す為の「ノリシロ」が段となって現れてきます。

これを消すには、砥石泥の中でヌルヌル動かして化粧するか、包丁の上で砥石を動かすしか無いかも。。。

2015-7-8-002.jpg

または、包丁を柳刃から正夫にして、直線気味の刃先にするか!! です。
たぶん切っ先が鶴首にも成りにくいかも!!

2015-7-8-003.jpg

色々事情があって、アゴは飛ばしました。 
アゴで手を切る(刺さる)事もあります。
怪我予防にもなるw 

研ぎ上がりの、予想が立てにくいですが、やっぱり天然砥石は良いですね(^^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR