尺三先丸蛸


蜘蛛の巣状のサビが出た本焼包丁の研ぎ修理を行いました。

なんの刻印も無い、銘も無い包丁ですが、波紋の現れ方を見ると「油焼」
研いだ感じ、カエリの取れ方から、青鋼系の包丁です。

2016-6-20.jpg

いい包丁なんですが、裏付け(裏の比)が綺麗に出ていないので刃線が波打ちます。
ハマグリと糸引きで、波打ちを相殺しました。ベタ研ぎすると形状が変わる気配がする包丁です。
鍛冶屋が良いのか、思いっきり切れますww それだけに基礎の刃付けが悔やまれます。。。

長い包丁は、研ぎが大変ですね。。
刃渡りによって、研ぎ代金を変えている研ぎ屋さんの気持ちが解ります。


#500ダイア
#1000 WZ1000
#4000 中仕上げ
天然 八鹿山合砥
#10000 超仕上げ

今回は色々砥石を使ってみた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
tatsumo_wattsをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR