白一水本焼


朝から、少しだけ時間が出来たので本刃付けを始めました。

富樫作、白一鋼水本焼 研道スペシャルバージョン 木砥仕上げ風です。

2016-9-29-02.jpg

庖丁に優しい表無印 木砥仕上げ 切刃は本刃付けで鏡面風に。
少しだけシノギ筋付近に砥石が当たらない場所がありましたが、
今後の研ぎで当たってくる範囲なので、そのままにしました。

2016-9-29-01.jpg

柄付けを終えた後、最終の裏押しを行います。

ダイア#500(新品)
#4000中仕上
#10000超仕上砥石+アルミナ粉少々
裏押しは北山でする予定です。

やっぱり、本焼きは硬い!

次は、もっと硬い青紙スーパー本焼が控えております。。

2016-9-29.jpg

この1本は時間をしっかりとって向き合おうと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
tatsumo_wattsをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR