高級包丁が嫁ぐ。。


今日は、一気に高価な包丁を仕上げました。

時間を掛けて作られた包丁は、やっぱり良いです。

包丁としての機能プラスな部分が多いですが、やっぱり見ているだけでワクワクします。

2017-8-22-1.jpg

2017-8-22-2.jpg

2017-8-22-3.jpg

明日、発送の予定ですが、少し寂しいデス。。。
コツコツ本刃付けしながら話し合った包丁とは違う寂しさですね(^^)b

さて、本刃付けが溜まってきたので、明日から快適に研げるように、
研ぎ場の整理と、面直し、水の入れ替えをして帰りましょう。

金魚の水ではないけれど、夏は一晩放置した水の方が良い気がするのです。

コメントの投稿

非公開コメント

月と富士山

一番上の写真の左の包丁は、池田辰男さんが得意とした月と富士山に見えますが、美和さんも作り始めたのでしょうか?

Re: 月と富士山

Kenさん
コメントありがとうございます。
美和氏も、ずいぶん前から作って下さっています。
白三鋼と白一鋼の2種類があります!

お疲れ様です
「水」と。
ごめんなさい。ほんと本職ゎ違いますね。
それこそ日々修行ですゎ。
切刃がヤバイすね(笑)
説教喰らった感覚です。
「研ぎ」に関してゎ正直 時間との戦いになります。
じっくり自分の包丁と向き合い 研ぎ込む事が出来る板前って 世の中にどれくらい存在するんでしょう??
現実ゎ厳しいもんです。
いや!!居ますよ!!睡眠時間削り 研ぎに徹する方々ゎ。でも。…
さて。襟なおさなきゃ!!
俺も頑張ろっと!!
blog更新ありがとうございます!!
楽しいです✊

Re: タイトルなし

鯔次郎さん

コメントありがとうございます。

包丁だけの事を考えられるので、色々と細工が増えます。

板前さんは忙しいですね、、皆さん包丁研いでいる時間が無いと言って居られます。
そうなるとサラっと研いで、バシっと刃が付く包丁が良いですね。
究極は研がなくて良い包丁ですが、、、外国人も言ってましたww

プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
tatsumo_wattsをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR