夜の研ぎ講習



17時スタートの23時頃まで、夜の研ぎ講習を行いました。
お休みがココしかない!!との事で、この時間帯になりました。

主に、お客様の研ぎ方と方向性の確認で、ほぼ狙った所を砥げる状況でしたので、
実際の砥ぎ講習は、「こうした方が早いですよ~」「こうしたら包丁減りませんよ~」
「この角度で砥ぐと形が崩れますよ~」「砥石の管理を変えると鋭い刃が出ますよ~」
っといった感じの講習内容で、殆どの時間は、その話をしながらご自身の包丁を、
自分自身で店にあるダイア砥石とか、新作中砥石などを使って砥がれていました。

2018-4-25.jpg

基本的に切れたらOK!っという事でしたし、現状で切れる包丁を持ち込まれたので、切れ抜け
(砥ぎ抜き)の事を多くお伝えしました。理想の包丁形状を持って居られたので、そこに向かう
近道なども合わせてお話しました。

研ぎを進めると、知らない間に包丁形状が変わる。。
砥石を平面にしているので思った通りに砥げない。。思った所が砥げない。
鋭い刃が付く!!っと言われた砥石で思った通りの刃が出ない。

言い出せば、キリがありませんが、全て理由があります。。

その包丁を砥いでも出来る事、出来ない事もあります。
自分をor研ぎで包丁に合わせるのか!包丁を自分に合わせるのか!

このブログをご覧の皆様は、少なからず包丁を砥がれていると思います。
絶対に刃は付けれていると思うので、研ぎ方は間違っていないと想像しています。

ちょっとした事で解決する事が多いと思うので、色々と試してみて下さい。


ここで、お知らせ!
酔心は明日 4/28~5/6 まで、通しでお休みを頂きます。
僕はちょこちょこ出勤しておりますが、公式には5/3は午後から少しだけ店を空けます。
偶然にも大阪に来られる方が、いらっしゃいましたら、お立ち寄り下さい。

それでは、良いGWを!

コメントの投稿

非公開コメント

達哉さん、3日の午後宜しくお願い致します!
ついに僕の包丁の親元へ。。
憧れの場所へ行けるのが楽しみです。
ロックオンさせて頂いております薄刃白一、是非拝見させてください!

Re: タイトルなし

敬里さん

コメントありがとうございます。

3日午後、お待ちしております。
薄刃白一鋼他、色々な包丁がありますので、心行くまで触って下さい!
新しいダイアも出来てますので、一度研いでご意見もお聞かせ下さい。
プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
tatsumo_wattsをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR