土井逸夫さんと。


土井逸夫氏と、包丁の改革?改善?研究?をし始めました。

今のままでも十分に良いのですが、
もっと良い状態にするには、ど~したら良いのか?

それは形状であったり、研ぎ易さであったり、鋭さであったり様々です。

刃研ぎの面では目に見える部分が多く、解りやすいのですが、鍛冶屋の所は
目に見えない事が多くて、実際に作って、刃研ぎ職人さんに意見を聞いて、
実際に本刃付けして、使って!初めて解ってきます。

そもそも、包丁は切る為の道具なので、板前さん判断が一番正しいのですが、
それぞれの好みもあって、的を絞りにくいので、酔心にて基準となる物を得て
鍛冶屋さんの特性を板前さんにお伝えしております。

お客様からの依頼もありますが、鍛冶屋さんの状態を知る為に本刃付けをしたりしています。
職人さんも同じ工程を繰り返していても、日々進化していて、その様子を確認してる感じです。
最近では、富樫さんの白二鋼に変化がありました。

そんなこんなで、土井さんから実験用の包丁を2つ預かりました。

2018-6-21.jpg

もしかすると、前のままの方が良い可能性もあります。でも!もっと良くなるかも知れません!!

土井さんも思考錯誤、日々修行な毎日です!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

(^^)/砥ぎ出した物を早く見て見たいです!!
プロフィール

TATSUYA AOKI

Author:TATSUYA AOKI
大阪堺の包丁屋で働き、試行錯誤を繰り返す男です。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Twitter
tatsumo_wattsをフォローしましょう
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
ブログ内検索
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR